貴方が暗号で大損する本当の理由

コインでもなくタイミングでもない

暗号資産はジェットコースターです。
暗号を触る時、必ず念頭に置くべきことはボラティリティの激しさです。貴方が欲張りなら、暗号は貴方の財産を吹っ飛ばすことなど簡単です。
暗号投資へ参加された大部分の人は経済的危機に追い込まれます。この原因は選んだコインにある、または暗号市場にあるとし負けた人はコインや市場を非難します。殆どの人はチャートがどのような形になろうが暗号投資に失敗し、その真の理由を理解しません。

暗号の成功は貴方の内面と深く関係する

選んだコインが悪かった、買ったタイミングが悪かった。
暗号で負けた人の多くが、その原因は外部にあると考えます。外部とはコインや市場のことです。

本当でしょうか?

他のコインだったら勝てたと思いますか?
他のタイミングで参入したら勝てましたか?

負ける人の多くは経済的混乱に陥っている

貴方はコインを買う時、期待に胸を膨らませ、数か月後にはリッチになれるとワクワクするかも知れません。あるいは貴方の経済的ピンチを救ってくれると期待するかも知れません。

この勝負にさえ勝てば貧困から抜け出しリッチに成れる!

投資で負ける人の多くは、投資と生活費がリンクしています。生活費とは日常を生きる為のお金です。来月を生きる為のお金、明日を生きる為のお金が投資に回されます。だから必死になります

暗号の世界で必死になると「ぬ」

暗号のボラティリティは強烈です。10~20%程度の急落など良くある調整です。50%の大クラッシュでさえも一定のサイクルで起こります。
ボラが激しいということは、コインを持つと貴方の資産は激しく増減します。お金の増減を過小評価してはイケません。貴方の想像を超えて貴方の心を掻き乱します。これは上がっても下がっても同じです。仕事にも集中できず貴方は30分に一度はスマホを見ます。食事中もお酒を飲んでる時も、奥さんに小言を言われている時も子供を公園に連れて行ってる時も車を運転している時ももちろんトイレでも、常に貴方の心は暗号に支配されます。

生活に直結するお金を賭け必死だからです

現代社会においてお金は命です。自分の命や家族など大切な方の命に代えられるものはありませんが、赤の他人の命とお金ならお金の方が大切という価値感は、決して酷くはありません。誰も大きな声ではいわなくても、心の中では貴方の30万円と赤の他人の命なら30万円の方が大切だと考える人は少なく無いでしょう。貴方は見ず知らずの赤の他人の命を救う為に、見返り無しで貴方の大切な30万円を使えますか?見ず知らずの人が病気を患い、手術費用として30万円が必要だけどそのお金が無く困っている人に、貴方は30万円を寄付できますか?

お金が原因で人が人を殺す事件さえ珍しくありません。企業と企業の激しい競争も国家間の戦争も、その原因の根幹にあるのはお金です。
何がいいたいのかというと、お金は私たち現代人にとって命と同等、もしくは命よりも大切であり、命より大切なお金 × 必死 × 暗号のボラ = 大損失はお決まりの方程式なのです。

上がっているのに負ける

これは暗号のあるあるです。
暗号投資は詐欺や弱小プロジェクト以外の多くのコインは、ブロックチェーン産業の成長に伴い長期的には上げ続けています。極端にいえば、どのコインを買ったとしてもどのタイミングで買ったとしても価格推移的には勝てていた投資なのです。もちろん全てのコインや全てのタイミングで勝てたわけではありませんが、多くのコインが多くのタイミングで勝てていたのは客観的事実です。殆どのコインは過去から現在値が上げているので、確率的には圧倒的に勝てる投資であったことは間違いありません
しかし、暗号へ参加された投資家の結末は、価格推移とは真逆に殆どの人が負けました。そして負けた人はこう言います。

コインが悪かった、タイミングが悪かった、暗号なんてやるもんじゃない…。

貴方は負けたがアイツは勝った

同じコインを同じタイミングで買ったアイツは勝ち、貴方は負けた。これも暗号あるあるです。
前段と同じくコインやタイミングの問題ではありません。そう思われる方は事実に反します。なぜなら同じコインを同じタイミングで買った人が資産を増やしているからです。

結局人なのです。この場合の人とはやり方を指します。同じコインを同じタイミングで買ったとしても、人(やり方)により勝ち人(やり方)により負けます。人(やり方)の違いで勝敗が決まります。
同じコインを選び同じタイミングで買ったアイツは勝ち貴方は負ける、これは暗号に限らず投資業界の有り触れた人間模様です。

分析ではなくやり方

もちろんコインやタイミングの問題もゼロではありません。それはわかってます。しかし最大の原因はやはりそこではありません。
暗号に限らず投資に向き合う時、多くの人は分析に依存します。そして分析で投資の勝敗が決まると考えています。ですから分析屋が成り立ちます。しかしこれが真実なら前段のお話の整合性が取れません。上から目線に聞こえたら誤解なのですが、私は相場というものを多くの投資家より深く理解しています。長いキャリアの中で経験した天国と地獄から投資のコアにたどり着いています。

結論、先の値動きは絶対にわからないということ、そして投資の成否は分析ではなくやり方で決まるということ

全てではありません。選んだコインが原因で損失は出ますしタイミングが悪く損切りすることもあります。単発で見ればそれは確かにあります。しかし、そもそも正しい投資とは一球入魂ではありません。複数のコインからポートフォリオを組み全体での収支を見ます。この戦略を前提とした時、投資の成否を分ける最大の要因はやはりやり方です。過去から現在まで暗号市場は大枠上げ続けており、少なくてもこれまではそうだったのです。

分析は占いに等しい

決していい過ぎではありません。
殆どの投資家は分析に心を奪われます。テクニカル分析、統計学、確率理論、オンチェーンやAIなどの最新テクノロジーこそ勝利への近道だと考え、未来予測やパターン解析に必死になります。これらにてタイミングを計ろうとします。

断言しますがこれらはポワソン・クランピングの典型で殆ど役に立ちません。なぜならタイミングとは値動きであり短期のことであり、そこに合理性や一貫性は無いからです。何のつながりも無く、投資戦略もストラテジーも異なり、財政事情や人生計画、自己都合などもが入り混じる市場はまさにランダムであり分析など役に立ちません。

一体全体世界のどこに、誰がその様な分析手法を持っているのでしょうか?

勝ち組は持っている!
勝ち組って誰ですか?
それはジャンケンの勝ち方を知っている方ということですか?私からすればそれと同義です。
金融のプロなら持っている!
幻想です。現場を知ってください。利益を出しているプロ筋は未来予測で勝っているわけではありません。

なぜ突然クラッシュが起きるのでしょうか?あれほど大きな変動の兆候すら分析を持ってつかめないのはなぜなのでしょうか?
私は有料のオンチェーン解析を同時に3つ運用していた時期もありますが、どれを持ってしてもクラッシュやポンプを予想できたものはありません。
クラッシュが起きる前にそれを予見できる分析法などありません。だからクラッシュなのです。例え当たったとしてもそれは単に当たっただけで、未来予測が的中したという類ではありません。ポンプも同じです。そんなものは何を持ってしても絶対わからないのです。
分析でわかるのは、熱心な情報収集からプロジェクトの構想や技術力、ビジョン、理念、財務事情など本質的価値を深く理解し、「このプロジェクトは将来いつか成功するだろう」程度しかわかりません。値動きなどは本当にわからないのです。もちろんこの場合も一つのプロジェクトに一球入魂はNGです。これくらい期待が持てるコインを複数持つポートフォリオは必須です。

ぜひ値動きの根本原因と市場原理を正しく理解してください。

私は長らく投資の世界に住み、ブルームバーグターミナルやロイターリフィニティブなど金融のプロが使用する、考えられる中で世界最高のハイパー投資ソリューションを使用して来ましたが、結局値動きなどわかるはずもないのだと随分以前に悟りました。

値動きの上下と価値の上下は別

値動き、特に暗号のようなボラの激しい資産の値動き予測に分析は役に立ちません。これを還元するならば、負ける人はもちろん勝っている人も値動きはわからないということです。

ここで負ける最大の原因をいいます。それは「わからない要素」が投資の成否に影響する「やり方」をすることです。

わからない要素とは値動きのことです。値動きのようなランダムな要素にて投資が失敗に終わってしまうやり方をするから負ける確率が上がるのです。特に暗号の場合はボラの激しさからしてこのやり方では高確率で負けます。値動きの上下と価値の上下とは区別する目線が必要です。これは似て非なるモノ、全く違います。暗号資産はFXのように値動きを狙う取引とは違うのです。
確かにFXならタイミングを計ることこそ重要です。私もFXではスキャルピングという短期トレードで取り組んでいます。しかし、暗号でそれをやると一時的には勝てますがどこかで大負けします。私も痛い目を見ました。

つまり、わからない要素である値動きの影響を受けないやり方をすれば暗号は勝てます。もちろん将来の価値が下がった場合は負けます。それは見立てを誤ったわけですから仕方ありません。ポートフォリオの中の他のコインに期待するしかありません。
私がいいたいのは、今のところ暗号は長期的には上げ続けているわけです。ビットコインなどはその典型です。価値は上げ続けているにもかかわらず、価値上昇のプロセスにある上下の激しい値動きにやられてしまったというのが、多くの投資家の負けの原因です。価値の上昇を誤ったわけではありません

負ける原因を取り除く

値動きの影響を受けず、価値が上昇すれば勝てるようにするにはどうすれば良いのでしょうか?
これは簡単です。現物を買う、あるいは小さなレバレッジしか掛けない、たったこれだけです。これだけで値動きの影響を受けず、価値の上下だけで投資の成否が決まるようになります。

レバレッジからの解放

なぜレバレッジに魅了されるのでしょうか?
まずは欲張りな人。欲張りだとレバレッジに魅了されます。治してください。

その他でレバレッジの呪縛から逃れられない人は、多くの場合資金力に問題があります。負ける原因はコインやタイミングではなく貴方の経済事情にあります。
経済的困窮の方は投資などすべきではありません。人は感情の生き物ですので理屈通りに行動できません。お金に困っているとどうしてもレバレッジに魅了されます。すると値動きの影響を受けてしまい価値が下がる以外の負ける原因を作ってしまいます。これは大きなハンデです。
もちろんレバレッジの全てを否定はしません。小さなレバレッジなら武器にもなります。但し、暗号はボラの激しさからしてレバレッジは1.5倍が限界だと思います。また、例えレバレッジを掛けなくても、お金に困っていると利益が乗ると直ぐに利確してしまいます。決して貴方の精神力が弱いわけではありません。誰だってお金が無いと焦ってしまいます。また、市場が弱気一色になった時、アナリストやインフルエンサーがまだまだ下がるといった時、お金が無いと恐怖に耐えきれません。結果的に値動きの底で撤退し、その数か月後には大きく値上がりしていたというパターンになります。

まずは労働と節約に励み、経済事情の改善に取り組みましょう
分析力や手法などに関係なく、この辺りの最適化が貴方の心を安定させ、結果的に暗号投資の成功に繋がります。

そろそろまとめますが、今回は次の2点を心に刻んでください。
1. コインやタイミングの問題ではない。
2. 値動きの上下と価値の上下は別である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です