ビットコインは発射準備中

先週から誰もがビットコインが爆発しそうだと期待していました。それに連れてアルトコインも軒並み上がると期待を込めて信じていました。
通常相場は意地悪です。誰もが爆上げを期待すると上がらず、爆下げを恐怖すると下がらず、とはいえ市場の予想通りになる時もあります。値動きは驚くほど一貫性がありません。
私は常々いってますが、一貫性の無い値動きを予想する意味はありません。値動きは単なるプロセスです。どんなに成功した偉人でも、その道のりは平たんではありません。紆余曲折、間一髪、あの時違った選択をしていれば今の成功はつかめていない等々、例え最終的に大成功を収めたとしてもプロセスはイバラの道の連続なのです。

バリュー投資では値動きがどのように進んでも感情的になってはイケません。
大成功を強く希望するのなら、ある種の信念を持ちビットコインの成長に身を委ねる必要があります。言い換えるとこれしか方法が無いのです。ですのでその見立てが外れたのなら潔く損を受け入れるしかありません。それが投資というゲームです。

さて、ここで客観的事実を振り返りましょう。
現レートから見て過去一年間の中でビットコインを買われた人の90%は、本来なら大儲け出来てます。どこで買ったかによって結果は異なりますが、取引量から逆算して殆どの投資家は買った価格より現在の価格の方が高いのが客観的事実です。にもかかわらず現実はその逆です。おそらく90%の投資家は大損をしたことでしょう。損だけして既に暗号市場から撤退した方も世界中に多くいるはずです。

この現象はこの一年たまたまのお話なのでしょうか?
いいえ、違います。ビットコインの価格推移の全ての歴史に当てはまります。限られた期間だけなら偶然ともいえますが、この現象はビットコインの歴史全てに当てはまるのです。
大損された方は何が間違っていたのか?今一度原因を思慮深く考える必要があります。

私たちは現在次の上昇ラリーのスタート地点に立っています。
おそらく次の上昇はこれまで見たことも無いレベルの上昇になります。5月のクラッシュは高値から最大65%とこれまでに無い大災害でした。十分な期間も経ました。その上で2013年や2017年のバブル期以上にビットコインの本質的価値は大幅に上昇しており、その価値もハッキリとしてきました。リアルの世界で起きているビットコインに対する資産価値は、政治的にも技術的にも産業的にも需給バランス的にも数年前とは比べ物にならないほど高まっています。過去どのバブル期よりもビットコインを取り巻く背景は確固たるものになっています。

金融の世界では、強気のセンチメントだったかと思えば一週間後には弱気になり、そのまた一週間後には強気になる、この様に毎日上がる下がると見立てが変わります。
インフルエンサーはもちろん著名なアナリストでさえコロコロコロコロと見立てが変わります。しまいには今後一週間の値動き予想というトンチンカンなことまで発信しています。これは値動きを見ているからです。値動きを見ると上がる下がるとその時々で見立てが変わります。その結果、少なくてもビットコインに限っていうと全然儲からなかったわけです。
網羅的に多角的に市場を分析しその都度臨機応変に対応する…一見すると利口なアプローチですが、そのアプローチで結果はどうでしたか?

本質的価値は簡単には変わりません。
金融業界がおかしいのです。
バリュー資産でありボラティリティが激しいビットコインに、その都度臨機応変に対応するアプローチでは大損します。


暗号市場の成長を過小評価しないでください。
来月ビットコインはタップルートが実行されます。おそらくスポットビットコインETFも承認されるでしょう。ストックツーフローも大幅上昇を示しています。間違いなくFOMOが起きるでしょう。このFOMOはアメリカ主体になることも想定できます。アルトコインの中には数か月で10倍以上になるコインも出てくるでしょう。

その根拠は?
と眉をひそめる人もいるでしょう。こんな抽象的な話よりも具体的なデータを示して未来を解析しろという人もいるでしょう。
しかし、ビットコインで利益を上げる為に重要な要素はまさに今私がいっていることなのです。この考え方を持つことの方が、具体的なデータを示すより利益を掴む確かな方法なのです。テクニカル・メカニカルな話は聞いていてダイナミックでプレゼンティックでワクワクするかも知れません。しかしそれでは勝てません。私はコーチングと表現していますが、投資への向き合い方を最適化するコーチングの方が、具体的な資料やデータを示した値動き予測よりも圧倒的に大切なのです。そしてそれを理解した人は儲かるのです。
それでもデータを示せという人には、「いつまで同じ失敗を繰り返すのですか?」とだけいっておきます。

とはいえ私は具体的な根拠はこれまで何十回も発信してきました。それら全ては本質的価値でありビットコインのゴールを見るものです。ゴールはこんなレベルではありません。本質的価値以外のその都度発生する金融系材料は枝です。そんなものにイチイチ反応していては暗号の世界では生き残れません。私は上がる根拠を示していないわけではありません。過去何十回もいっているのでここではいわないだけです。

それは本質的価値だから変わらないのです。
変わらないから数か月前に発信したことを再度繰り返す必要は無いのです。


アナリストやインフルエンサーなど利口な人のいう根拠は「値動き」を当てる短期的な根拠です。それはバリュー投資には意味がありません。そして更に悪いことに短期の値動きさえ当たりません。当然です。そんなものはいかなる頭脳を持ってしても当たりません。ビッグデータをスーパーコンピューターやAIで解析しても当たりません。

一貫性が無く合理性も無い「値動き」など当たるわけが無いのです。

私は値動きを当てるゲームには参加してません。スタンスが違います。
ビットコインは発射準備完了まじかです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です