ビットコインが10万ドルへ向かう理由

ビットコインは43,000ドルから58,000ドル近くに上昇し、約45%上昇した10月の開始後、史上最高値を前に最後のレジスタンスレベルで揉み合っています。
しかし問題ありません。今後数週間でビットコインの未来は驚異的な上昇に転じます。以下にその理由を挙げて参ります。

アドレス

2021年2月末までに、少なくとも1つのBTCを所有するビットコインネットワーク上のアドレスの数は830KのATHに達しました。これを最高点に2021年7月に約80万のアドレスへと最低値に低下しました。以来、ビットコインに対し長期的な視野を持っているクジラ達は蓄積という行動を選択しました。最近、少なくとも1つのBTCを持つアドレスの数が813Kに達し、流れからして2021年第4四半期の830Kアドレスの記録を更新することは間違いありません。

マイナー

ビットコインマイナーの動向はビットコイン投資において何より重要です。常に監視しなければなりません。彼らがビットコインをホードルしているのかセールしているのかは数週間から数ヶ月先のセンチメント指標としてかなりの確率で機能します。
現在、マイナーのビットコイン保有量は非常に安定しており、2021年7月以降増加していることがわかります。2020年末に到達したレベルにはまだほど遠いですが、マイナー動向は2021年第4四半期も楽観的であると感じます。

ボリューム

2021年10月初頭以来、ビットコインブロックチェーンで取引される量は再び増加しています。これはビットコインの価格が6万ドルを突破しているにもかかわらずです。2021年10月初頭以来、ボリュームは1日あたり2,000億ドルを定期的に超えています。現在は2021年前半とは明らかに異なる段階にあります。

機関投資家

過去数日間のビットコインの価格の5万ドルから6万ドルへの急速な上昇は機関投資家によるものです。なぜならトランザクションの99%以上は、10万ドルを超えるトランザクションによるものだからです。ビットコインの価格が2021年4月のATHを超えると、ビットコインを投資対象にする個人投資家も増えるはずです。10万ドルへの上昇は、おそらく時間の問題になるでしょう。

資金調達率

デリバティブ市場では、2021年10月初旬からトレーダーも強気のバイアスを持っていることがわかります。資金調達率は2021年5月の水準に近づいていますが、2021年2月から4月の間に達した過熱水準にはまだほど遠いです。ロングポジションはまだ過剰でなく、2021年第4四半期の市場にはまだまだ余裕があります。現在の揉み合いは、ビットコインが驚異的なブルランを始めるために必要なものです。

ETF

投資家は、ウォール街でのビットコインETFの承認を長らく待っていました。度重なる却下と延期の後、6つ以上のETFが米国市場での発売の承認を求めて動いています。これらのETFが承認された場合、ビットコインの価格はさらに上昇し2021年末までに10万ドルに達することは確実です。
一部のアナリストは「噂で買って事実で売る」を懸念していますが、流れはトータルで見るものです。おそらく今回はこの格言は再現されないでしょう。
ただし、ウォール街の一部のアナリストは、規制環境が明確になるまで2022年まで決定を延期すると指摘する者がいます。FRBやSECの発言からしてその可能性は低いですが、仮に延期になった場合一時的な小規模のクラッシュが起こるかも知れません。その時は落ち着てホードル、資金に余裕のある人は買い増しが正解でしょう。

Taproot(アップグレード)

ビットコインは常に進化します。現在のビットコインを永遠と捉え、量子コンピューターリスクを説く人々は大間抜けだと思います。
数千億ドルが危機に瀕しており、ビットコインを通じてより良い世界を求める何百万もの人々の希望が危機に瀕しています。ビットコインのすべての進化は、その革命を損なう可能性のあるバグがないように適切に評価およびテストが繰り返されます。
ビットコインのソースコードが大幅に進化することなく4年が経過した後、Taprootの更新は2021年11月に有効になります。これはビットコインコミュニティからの最高のタイミングでの完璧なシグナルです。
ビットコインシステムは、スマートコントラクトのサポートを提供できるだけでなく、セキュリティやプライバシーも向上させます。

アメリカ

現在、アメリカがビットコインマイニングのトップシェアを獲得しています。
最新CCAFデータでは8月末現在の世界のハッシュレートの35.4%を米国が占めています。4月末の16.8%から2倍以上、これは実質的にアメリカが世界最大のビットコイン保有国であることを意味します。
どこの国でも自国の株価が上がることは喜ばしいわけで、アメリカにとってビットコインが株価と同じステージに立ちました。その上で価格が上昇を続けるならば、国家間の保有合戦が起きるのも決して非現実的ではありません。

PlanB

言わずと知れたPlanB氏のビットコイン予想。
私はインフルエンサーなどはもちろん、どんなに著名な人物であっても相場の未来予測は信用しませんが、唯一例外がPlanB氏です。彼の予想はご存知の通りです。

さぁ、親愛なるビットコインホドラー達よ、一緒に明るい年末を期待し、正月には最高の笑顔で祝杯を上げましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です