ビットコイン革命はマラソンである

ビットコインは革命であり、その軌跡は『それ』が実現される前は誰もが『それは有り得ない』と100%否定する『それ』をことごとく実現して来ました。

貴方がビットコインで大儲けしようと考えた時、通常大イノベーションは時間が必要だという常識を理解しなければなりません。その道のりには激しい浮き沈みがあり、市場がネガティブなセンチメントで一杯になることはこれまでもこれからも当たり前の様に起こります。大衆によるビットコインの信用は比例増加ではなく、際しい道のりを歩み成功した先駆者・革命家の挑戦が終わってから指数関数的に増加します。

特にビットコインが信頼を失う時とはどんな時でしょうか?
価格が上がった時か下がった時か?

当然下がった時です。
ビットコインの価格が激しく下落すると確実に市場はネガティブなセンチメントに溢れ返り、多くのチャレンジャーが脱落します。
42.195kmを完走できる者は『完走する』という信念を持つ者だけです。なぜならそのプロセスには例外なく苦しみのサイクルがあり、誰であっても『歩を止めたい』という衝動が湧き上がってくるからです。成功できない投資家は苦しみのサイクルが無いことを前提に、あるいは苦しみを避けようと分析に励みますが、その努力は相場では役に立ちません。苦しみは避けられません。苦しみとは損切りや含み損、不安、恐怖、下落、クラッシュなどですが、これらは必ず有るのです。それが無いということ自体が無いのです。苦しみを内包(覚悟)した上で成長を信じなければなりません。それが信念であり、これを完全理解することが悟りの一つです。しかし悟りは多くの投資家には理解できず、完走できない、つまり最後は利益を享受できないどころか損失を出すのが落ちです。

当然です。
成長プロセスにおいて絶対に有ることを無い前提で参加する、あるいは避けることを前提で参加するわけですからそもそも厚かましいのです。覚悟が足りません。上がるからといってそのプロセスに損切り、含み損、不安、恐怖、下落、下降トレンド、クラッシュが無いわけが無いのです。そして『無い無い前提』の人が完走などできるわけが無いのです。

ビットコインの価格が暴落する時、それは何よりもボラティリティが激しい暗号市場の自然現象なので、まずパニックに屈しないメンタルが必要です。そのメンタルは信念が無いと持てません。このパニックは、ビットコイン革命を根本的に信じている人と、ビットコインを投資計画としか見れない人とを整理するのに役立ちます。一定のサイクルで慧眼の無い投資家を一掃する作業が行われます。
不安、恐怖…市場が冷静な時は誰でも冷静です。良い時は誰でも良い顔をし、知的で穏やかでスマートな紳士なのです。市場がパニックに陥った時に初めて、対したこと無い野郎なのか真のジェントルマンなのか、正体がわかります。

さて、信念が大切だと説きましたが、信念を持つ為には『学び』が必要です。盲目ではイケません。客観眼と慧眼を養いビットコインを学ぶことにより、私はビットコインの価値は長期的にはまだまだ大きく上昇すると確信を持てているのです。学び続けている私が、学んでいない者(否定派はほぼ100%学んでいない)の戯言や下降トレンド、クラッシュで信念が揺らぐことはありません。

知識は確固たる信念を持つにおいて最高の武器です。絶えず知識を拡大することにより本質的価値を見ることができるでしょう。本質的価値を見ればビットコインが多くの人々にとってより良い未来への最善の希望であることが理解できます。
ビットコインは他のどのお金よりも公平なお金です。それはラテンアメリカ、アフリカ、アジアの国々を中心に既に何百万もの人々にとって普及済み且つ不可欠です。その数は今後増え続けるでしょう。ビットコインの需要は間違いなく爆発的に増加します。多くの人々が2100万ユニットに制限された公平なお金を必要とする時代が来るのです。

ビットコイン革命の真の目的は、お金に対する個人の力を取り戻すことです。資本主義現代のおいてお金の力とは命の力に匹敵します。これはサトシ・ナカモトのホワイトペーパーを熟読すれば理解できます。
時間は掛かりますが、それ程多くの時間は必要としません。ビットコインの成功は避けられないのでご安心ください。時間の問題だけです。そして否定派の人は残念でした。この革命の本質的価値を理解すると、プロセスの中の苦しみごときでパニックに陥ることは無くなりますしその必要もありません。それどころかクラッシュはより多くのビットコインを蓄積するチャンスと見るべきです。

この考え方(悟り)が今後数年間続くビットコインの価値上昇に乗って大金を手にすることができる最も確実な手法です。分析でこの手法に匹敵するパフォーマンスを出せる人はこの世に存在しないでしょう。例え短期的には抜きん出たパフォーマンスを出せても長期的には無理、悟りが上回ります。少なくても2009年から2021年現在まではこの理屈が正しかったはずです。あの予測不可能、変幻自在の乱高下を分析というマヤカシで上手く渡り歩いて来れたはずがありません。

歴史に残るこの前例のない金融革命への忍耐と自信こそが、今後数年間で貴方をリッチマンにするでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です