BNFさんに対する動画について

タイトルは「BNFさんに対する動画について」と付けておりますが、正しくはBNFさんをサンプルにした物事の考え方を説いた動画なわけで、ちょっとブログを通じて補足を取らせていただきますね。
※動画を見られてない方はこちらからどうぞ。

そもそもジェイコム事件の正式名は「みずほ証券誤発注事件」なわけで、後に有価証券報告書を見たら数多くの投資家が莫大な利益を上げていたということがわかったわけで、確かなことは「誤発注事件が起こったこと」と「誤発注を背景に莫大な利益を上げた投資家が数多くいた」ということ、それだけなんですね。

常識的に考えて時事的なニュースとか旬な出来事ならいざ知らず、時事でもなく、芸能人でもない、スポーツ選手や政治家でもなければ有名な文化人でもない、無い無いづくしの単なる大成功しているらしい無名の個人トレーダーへ、関連性を持たない複数のメディアからの注目が一時に集中すること自体不自然なんですよね。メディアは視聴率命ですからね。時事・旬なニュースや視聴率を持っている相手しか相手にするはずも無いわけで、

じゃぁBNFさんが視聴率持ってるんですか?
視聴者の誰が彼に興味を持つんですか?

ってなるわけです。視聴者のほぼ全員はトレーダーじゃないんですよ。99%以上の視聴者なんて全く興味ないですよ。そんな視聴率も稼げない無名の人物になぜ貴重な枠をメディアは割くのでしょうかと、非常に疑問ですね。放送前の企画会議でプロデューサーやディレクター、スポンサーがOK 出すんでしょうか?
どこの馬の骨かもわからない、冴えない、華もない、時事的な背景もない、そんな輩を出す枠があるんだったら今人気のあのタレント出せとか、旬なあの文化人を使えとかってなると思うんですよね。

ジェイコム事件は彼がメディアで騒がれていた当時、既に随分と過去の出来事だったわけですからね。そんな古い誰も注目していない興味もないネタに、あの事件で実は彼は莫大な利益を上げていて、ジェイコム男と騒がれた男の正体は彼だったんですよって、そういう体ですからね。なぜ誰も意識していないそんな過去の出来事に対して、今更って時に複数のメディアが同じタイミングで一斉に彼に注目するんでしょうか?シンクロニシティでも起こっちゃったんですかね(笑)

例え彼の伝説が事実だったとしても、何かの仕掛け、PR活動でもない限りもっと分散しますよね。だって繰り返しますが時事ニュースじゃないわけですからやっぱり分散します。もちろん時事ニュースなら各社メディアの注目は一斉に集中しますけどね、当たり前ですけど。これらを社会常識で考えるとやっぱりPR活動にしか見えないんですね。

そして極めつけは北尾さん。私的には北尾さんが出てきた時点で、「あっ、そういうことか」って全てが繋がりましたけどね。
報道ステーションやニュース23からの出演依頼じゃないんですから。日経新聞の取材じゃないんですからアポイントすら取れないよって思っちゃうわけですよ。バラエティとか生活情報系の番組から仕事の依頼があってね、内容はっていったら無名のトレーダーとの対談ですよ。ふざけるなってなりますよね。俺は経済界はもちろん政界にも顔が通っている天下の北尾様だぞって。

「いえ、彼はトレードでめっちゃ勝ってるんですよ!」って食い下がるんですかね(笑)

興味ないですよ、北尾さんからすると。
北尾さんなんてホリエモンが絶頂の時にすら公然と否定していたわけですからね。それを単なる勝ちまくっている無名の個人トレーダーと対談って…。
まぁ北尾さんは北尾さんで自分のこと棚に上げてホリエモンをハイエナとかいえるのか?って気もしますけどね。ちなみにホリエモンも負けじと北尾さんのことボロカスいってるわけで「コイツまじクソ!」って何かの番組でいわれてましたよね(笑)

「論語論語ってアイツが一番倫理観ない!」って思いっきりいわれてて笑っちゃいましたけどね。

まぁ、とにかくアポイントすら秘書止まりが予想されるわけで、そんな仕事の依頼が北尾さんの耳まで届きませんって。秘書の人怒られちゃいますよ。無名の個人トレーダーと一対一の対談、ロングインタビューですよ、あの北尾さんですよ。ところがびっくりそんな仕事をなぜか承諾されて、一対一で対談。しかも強面の北尾さんが優しい顔してね、何か彼に忖度してるんですよね。日本の政財界の上位に君臨されているお立場の人が。

BNFさんはBNFさんでね。あれだけコミュ苦手、他人に興味ない、忖度しない、承認欲求ゼロの人がなぜその真逆に向かう行動に出たのかってね。人が行動に出るにはモチベーションが必要なわけで、そのモチベーションの源泉は普通

〇 自己利益
〇 他者利益(人の為)
〇 義務

大半はこれしかないハズなんですよ。苦しいことであっても情熱を持って何かに没頭するとかも自己利益に含まれるわけですけど(自分が望んでいるわけですから)、まずBNFさんにとってあの活動による利益ってゼロにしか思えないんですよね。お金なんて視聴率持ってない素人なのでいくらBNFさんでも文化人扱いですからね、出演料何て良くて数十万でしょうし、例え人気タレント並みに1本100万円とか貰えたとしても彼は超がつく大金持ちですからそもそもって感じだし、じゃぁお金以外のメリットって承認欲求なの?ってなるわけだけど、彼承認欲求も全く無いわけですからね。仮にあるんだったら彼の場合簡単に全トレーダーの注目ゲットできるわけですからね。表にさえ出れば一瞬で人気の的ですよ。それこそTwitterでつぶやくだけでフォロワー数十万人は速攻で付くだろうし、youtubeやれば全トレーダーはチャンネル登録しますよ。自分で出来ないなら誰かのyoutubeに出演するとか、そんなの断るyoutuberなんていませんて。年がら年中ネタ探してるのがyoutuberなわけだから。ボクだってぜひ出てくださいってなりますよ。それでも一切表に出てこないわけだからやっぱりひっそりと静かに暮らしたいか、本当は表に出る価値が無いかって思えるわけですよ。
自己利益って行ったらお金か名声か、大体はこの2つに絞られるわけで、そこに利益が見当たらないのでじゃぁ他者利益かってなるわけだけど、性格からして死ぬほど嫌でメリットも無いことを他人の為に彼が行うとは思えないってのが率直な感想。だって他人に興味無さそうだし忖度も全くしなさそうだし(久米宏に挨拶すらしないんだからw)、そもそも友達や身内、恋人等々大切な人でなく「赤の他人」からの「ビジネスライク」なお願いに対し、嫌だなという自らの感情を殺してわざわざ時間割いてとか彼でなくったって誰もしませんって。
残るは義務かってなるわけだけど、それってそもそもですよね。彼の伝説が真実である以上そこに義務は発生しませんよ。虚像なら発生しますけどね。

…やっぱり胡散臭いですよ(笑)

とにかく、一つ一つの材料・根拠を基に客観的に材料を拾って、自分の価値観でしっかりと考えて、その上で私としては信用できないっていう答えを出してるんですね。つまり大勢の人がいってるとかメディアで紹介されているとか、それを全く信用しないわけでは無いですが、それよりも自らの客観的、論理的な考え方による判断の方がより大切だということをあの動画ではいいたかったんですね。

なのでトレーダーなら、多くの人がメディアを基に盲目的に信用しているサンプルとして、最も解り易いサンプルモデルがBNFさんだったので、彼を用いて私が信用に値しないという結論に至っ根拠をお話をし、物事の考え方は周りの評価やメディアで決定するのでなく、それらは次点であり、一番優先するのは繰り返しになりますが、自らの客観的、論理的な判断だということなんです。

でもきっと、BNFさんのことを崇拝している方とかは大勢いらっしゃるわけで、そういう方があの動画を見ると、「あの野郎!ふざけるなブッダ!!」ってなると思うんですね。
でも…きっとそれは感情であって、実際に私が動画で上げている材料の一つ一つを冷静に見つめていただければ、少なくとも「確かに不自然な材料が多い」ということは認めざる得ないと思うんです。BNFさんを信用しないという結論は私の主観ですけど、あの材料から見て疑念は客観であると思ってます。

逆にあれだけ不自然な材料があるにも関わらず、結論に至るプロセスに一切の、1mmもの疑念が生まれない人は人生の歩みに大きなリスクを抱えていると思います。大きな人生の岐路に立ったときに、自らの経験や信念から湧き上がる心の声よりも、他人の意見を優先してしまうとか、騙されやすいとか、大袈裟にいうと洗脳されやすいとか。
もちろん信頼のおける方々からの意見を参考にする姿勢は大切だけど、それを含めて結論は主体的であるべきです。だってその問題に対して一番深く、長く、真剣に考えているのは貴方自身なハズだし、先々どんな結果が出ようと主体的な決断だったら納得できる可能性は一番高いですからね。自分の意見を殺して他人の意見を選択した場合、納得は成功一択に絞られちゃいますよ。

最後に改めて、本当に本当に私が強調しておきたいことは、「考え方」について説いた動画であり、BNFさんを否定しているとかディスる為の動画では全くないということ。彼に対して何かしらマイナス感情も一切持ってませんしね。

物事の考え方、人生観、それは自分自身が目で見て耳で聞いて、そして感性で思慮深く判断することが大切ですよと。メディアとか他人があの人は凄いよとかね、そういうのを判定の中心にするのはとても危険ですよということをいいたかったんですね。ですから貴方が材料一つ一つ客観的に見て、その上でBNFさんは虚像ではないってなるなら全く問題無いんですね。

大切なのは考え方なんです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です